コメントは受け付けていません。

 

中学入試では、それぞれの科目をどう学習するかも重要ですが、スケジュールも大変重要です。

中学入試に関しては、塾に通わせていても親のサポートも重要です。
そこで今回は中学受験指導を効率的にサポートする「中学受験新演習」をご紹介します。
4科目の本が出ていますが、6年生の算数に関して見てみると、「中学受験新演習」では、「基礎編算数上」、「算数上下」、「中学受験応用問題集」などがあります。

指導サンプルや指導のポイント、年間指導カリキュラムもホームページに載っているので、購入の参考になるでしょう。

このシリーズは、塾の先生などが購入するものですが、
家庭で中学入試の算数を子どもに教える場合にも便利ですね。

指導スタイルに合わせて自由に教材が選べ、別の参考書や問題集との併用も考えられるでしょう。

例えば1週間に90分2コマで週2日の通塾の場合の小5算数の指導サンプルを見てみましょう。

塾に行く日は、塾ではまず宿題の解説をし、テキストや問題集についてもテキスト名とページ数が書かれています。

家庭学習、についても塾に行く日行かない日、曜日ごとに毎日細かい予定が組まれています。

中学入試のために塾に行くと言う事が当たり前になっていますが、
塾での勉強はもちろんですが、家庭学習をどうするかと言う事は問題です。
特に中学入試の算数は、親が教えるのは大変難しいので、
子どものために家庭学習をどうするかを考えてあげられる事がまずは必要です。

中学入試の算数に関しては、特にできている問題とできない問題等の振り分けなどや、それぞれのポイントを理解している事が親の役目でしょう。

コメントは受け付けていません。

 
これまで、様々な中学入試算数に関する本を紹介してきましたが、
今回は、東京出版から出ている月刊誌「月刊 中学への算数」をご紹介します。

毎月24日発売、B5判80ページで1143円(税別)です。

この本は中学入試に立ち向かう算数の本でもあり、
中学入試とは関係なく楽しめる部分もあるそんな本です。

中学入試の算数は難しいと言われていますが、
最近は問題の形が型にこだわらない新傾向問題が増えているそうです。

つまり中学入試算数で必要とされる力、数学的な発想力や思考力が試される問題が増えて来たと言う事です。

この本の目的は、そういった中学入試算数が求める発想力や思考力を育てて、
これまでの「ためしたり、かぞえたり、整理したり、場合を分けたり、規則性を発見したり、グラフを書いたり、図形を動かしたり、立体を色々と取り扱ったり・・」と言うような単なる反復練習では解く事の出来ない問題を解けるようにする事です。

項目は①「上位1割の有名私立・国立中学への合格を目指す人向け」、
②「上位3割の有名私立・国立中学への合格を目指す人向け」、
③「全ての人のための読み物」、
④「意欲的な人向けの発展的な記事」となっています。

8月号を見ると、①は日日の演習、発展演習、一問入魂、中数模試、学力コンテスト、
②はレベルアップ演習、作図シリーズ、
③は算数の周辺、科学のお話、パズルコーナー、江戸の算術に挑戦、読者の広場、
④は中数オリンピックなどがあります。

立体工房と言う①②③の内容のコーナーもあるようです。

 

コメントは受け付けていません。

 

今回は中学入試算数のメソッドが書かれた本をご紹介します。
「SS-1メソッドで算数の点数を一気に上げる!」という題で、著者は中学受験専門塾SS-1の副代表前田昌宏氏です。
SS-1と言えば開成、灘を始め多くの難関中に合格者を輩出している進学塾ですが、
このマル秘メソッドが書かれた物だそうです。

この本の特徴は、子どもの中学入試の勉強のために親が出来る事がわかると言う点です。

中学受験は親の受験とも言われますが、中学入試自体、特に算数について親が教えられる事なんて・・・
と考えている方が多いでしょう。

でも、この本を見て中学入試の算数でも、ママが教えられると言う事がわかってきたと言う方もいます。
このシリーズは算数だけではなく、他の科目も出ていますが、中学入試ではまず算数でしょう。

目次を見ると、大手進学塾の特徴がまず書かれています。
そしてどのような入試対策が採られているかと言う事もです。

SS-1は中学受験専門の進学塾に対応した指導をしていますので、こういった切り口の本が書けるのでしょう。
第1部は「文系ママだから出来る算数の教え方」で、「問題文を分解」「合い言葉を使う」「発問で声かけ」などの内容になっています。

 

第2部では「偏差値40台から偏差値50台へ」と言う事で、攻略のヒントが書かれています。
第3部では「偏差値50台から偏差値60台へ」です。
重点対策として頻出の単元「速さ」や「図形」を極める方法が書かれています。
公式ではなく根本を理解する事を難関中の入試問題を例に挙げて解説しています。

コメントは受け付けていません。

今回は、中学入試算数のための塾教材をご紹介します。

中学入試を指導していた先生が塾教材として作った物で、
自分で勉強すると言う物ではありませんが、おもしろい本です。

代理店が全国にあり、一般の人が購入する場合代理店から購入する形になります。

首都圏では向上教育出版(株)や(株)日本教材出版、(株)開成図書出版などで扱っています。

今回ご紹介するのは「算数の達人」の上下巻ですが、
それ以外にも中学入試算数の学習に使える「計算完成300日」や「速さはかせ」「分数はかせ」「読解はかせ」の上下や「ことばの達人」、「アルファベットの名人」など、他の教科の本も出ています。
「算数の達人」は中学入試算数を意識して作られた物で、
小学校の教科書準拠にはなっていません。
中学入試では算数に限らず小学校で習わない問題が多く出題されます。
そして、それらの問題は独特の解き方があり、それを学習する必要があるのです。

そのため、単元ごとに全ての範囲を学習するのではなく、
必ず押さえておかなければならない問題を繰り返しやる必要があります。
「算数の達人」はそういった内容の本なのです。
中学入試の算数で合格点をとるために必要な学習を効果的に行うための内容となっているのですが、どういう風にその問題が選ばれているのかと言うと、
「全問正解を目指すのではなく、必ず正解しなければならない問題に正解する」という力を養って行きます。

そのために入試問題を徹底的に分析し、厳選してアトランダムに配列されているのです。

 

 

コメントは受け付けていません。

中学入試の算数に関しては色々と面白い本が出版されています。
他の科目の本も出されていないわけではないのですが、
中学入試に関しては、断然算数の本が多いですね。

中学受験の進学塾にしても、算数に特化したクラスが多いですし、
どの科目が重要と言うわけではもちろんないのですが、
中学入試の算数を勉強したいと思っている人が多いと言う事ではないでしょうか。

実際に中学受験を目の前にした子どもについて考えてみれば、
中学入試の算数を理解し、合格できるように導ける方法がある程度確立されているからと言う事も言えるでしょう。
結果が出ていると言う事です。

小学生が進学塾で学習するのは、まずは国語と算数ですが、
国語の勉強は、なかなか結果が出ないと言われています。
結果が出れば勉強する気になりますから需要も増えるわけです。

大人に関しても、中学入試の算数は面白いですから、
解いてみよう、チャレンジしてみようと言う人が多いので、
こういった本もよく売れると言う事になるのです。

さて、今回ご紹介するのは、ピーターフランクル氏の「ピーターからの挑戦状 中学入試の算数~論理思考が身につく~(知りたい!サイエンス)」です。
ピーターフランクル氏と言えば有名な数学者で1971年には国際数学オリンピックで金メダルも獲得しています。

ジャグリングなど大道芸人としても知られており、算数や数学を楽しく広める活動をしている方です。

この本はゲーム感覚で面白い問題が厳選して載せられているので、大人が読んで面白い内容です。

 

 

コメントは受け付けていません。

4月になりましたね。

春は新しい事が色々と始まる時期ですが、「中学受験・算数の森」のサイトもリニューアルされていました。

以前、ご紹介した事があるのですが、「中学受験・算数の森」は、プロの家庭教師が中学入試で算数の問題を取り上げ解説しているサイトです。

どんな内容が載っているかと言うと、メルマガや家庭教師生徒募集以外に、「過去問のコーナー」「解放別問題コーナー」「チャレンジ問題コーナー」「計算問題コーナー」「参考書・問題集」「対話で学ぶ算数コーナー」「算数で解く大学入試・高校入試問題コーナー」「算数『脳』力養成パズルコーナー」「中学受験なんでもアンケートコーナー」「中学受験算数入試問題の単元別索引」「中学受験・算数の森(別館)」などです。

「中学受験・算数の森(別館)」には、「秒殺問題コーナー」があり、 秒殺問題コーナーでは、1分未満で解ける中学入試問題を取り上げて解説しています。

難関中の算数問題でも、秒殺できるものがあるのですね。

今回はこのサイトで中学入試算数の参考書や問題集が紹介されているものを見てみました。

中学入試の算数の問題集など、最近は色々と出ていますが、どれを使えばよいのか、悩むところです。

特に塾にまだ通わせていない低学年の間、子どもに自宅でどんな勉強をさせればよいのか悩む人も多いでしょう。

このサイトでは、中学入試の算数問題を熟知しているプロが書評を書いて紹介しているので、参考になるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

中学入試の算数は難問だらけです。

ただ、それをやすやすと解けるようにならないでは、 中学入試の算数で合格答案を作る事はできないのです。

そのため、みんな中学入試の難問算数問題を必死で演習しているのです。

ただ、難問を解くために演習ばかりしていたのでは効果は上がりません。

前にもお話ししたように、中学入試の算数問題は複合問題です。 そして、どういった内容が複合になっているかはわかりません。

その問題をスラスラ解くためには、複合となっているそれぞれの問題を根本的に理解しておく必要があるのです。

つまりたし算がわかってないのにひき算を必死で勉強してもダメだと言う事なのです。

そこで、まずは基本の徹底的な理解が中学入試の算数問題には必要なのです。

とは言う物の、具体的にはどんな問題をやれば良いのでしょうか。

基礎と言うと、計算問題かと言えばそうではありません。

今回は「算数ベストチェック」という問題集をご紹介します。 「みくに出版」の日能研シリーズで、中学受験ではよく話題にのぼっている物です。

算数の学習内容を70章(数論17章、文章題28章、図形25章)に分けて、 中学入試でよく出る重要なポイントをコンパクトにまとめた形です。

「要点のまとめ」と典型的な基礎問題「ポイント・チェック問題」が見開き2ページでわかり易い形になっています。

この問題集を全て確実に理解できれば、基礎は大丈夫と言えるでしょう。

ただ、解答解説が、少し少ないのがこの本の残念なところです。 もし、理解が難しいようなら、この本に書かれた項目を他の参考書などで確実にすれば良いでしょう。

 

コメントは受け付けていません。

今回は「早稲田中合格対策ドクター」のホームページを調べてみました。

このサイトは、中学受験ドクターの学校別対策のサイトです。 学校別で中学入試、しかも科目ごとに対策が書かれてあるのです。

早稲田中の算数の対策はどのようにしたら良いのでしょうか。

前にもお話ししましたように、中学入試の問題は各学校の思いが詰まっています。

中学入試の勉強をするという事は、算数の勉強であっても、 その学校の思いを考えなくてはならないのです。

さて、早稲田中と言えば難関中ですが、算数の入試問題は基礎的計算力が非常に大事と言われています。

早稲田中の入試合格最低正答率はなんと65%です。 また、部分点の配点はありません。 そう考えると、算数の場合ちょっとした計算ミスが合格にとって命取りになるのです。

もちろん中学入試の算数で計算問題が出されるという事ではありませんが、 基礎的計算力を身につけておかなければ、早稲田の中学入試には太刀打ちできないのです。

そのためには、普段から計算練習を欠かさず行う事が大切です。 また、練習した時は、ミスをきちんと記録し、どういうところでミスをするのか、 自分のミスしやすいところを把握しておくことも重要です。

そういったトレーニングで、本番に同じミスをしにくくなるのです。

また、部分点がないという特徴から普段から完璧な穴のない勉強が重要です。 この部分点がないというところも、早稲田中が受験生に何を求めているかを考えれば、 外せない部分なのです。

コメントは受け付けていません。

中学入試の算数、どう勉強すれば良いか悩んでいる方は多いと思いますが、 進学塾や家庭教師に頼むしかないという考えの方も多いと思います。

今回はまずは、中学入試算数の楽しさを知ってもらうために、 「算数の達人(上下)」をご紹介します。

中学入試の算数はなぜ難しいのでしょうか。 どうして塾を頼りにしなければならないと考えるのでしょうか。

これは、小学校で教えてもらわない内容まで出題されるからです。

中学入試の算数は難しいというより、「やったことがなくて戸惑う」ということなのです。

しっかりとした思考力がついていれば、 高学年になって中学受験の勉強を始めても、 問題を知れば、簡単に解けるというものも少なくありません。

また、中学入試の算数は学習しているうちに、 思考力も身について行くということにもポイントがあります。

そこで、本来の力、思考力を身につけるためにも、 中学入試の算数は勉強した方が良いのです。

この本は、実際の入試問題必出の良問をシャッフル方式で繰り返し復習するように作られています。

合格のために必ず100%正解しなけらばならない問題を落とさないことが重要と言われています。 そのため、この本では、入試問題を分析して、そういった問題ばかりを厳選収録しています。 この問題を繰り返し解くことによって、正確に速く解くことができるようになります。

合格のためには、正確さとスピードが重要なのです。

1回5問で110回の小テスト形式になっています。 内容は、計算・小問・図形などで、入試と同じく、単元別ではなくシャッフル方式となっているところが特徴です。

 

コメントは受け付けていません。

中学入試いよいよ目前に迫ってきました。

準備はいかがでしょうか。

今から何をやって良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

特に中学入試算数は、よく出題されるという、特殊算、図形問題だけでも、 もの凄い数の問題があるわけです。

その中で、1つや2つ、苦手な問題、不安な問題があるでしょう。 中学入試で重要なのは、とにかく確実に解けるという問題を増やす事です。

特に算数は、不安はないけれど、「まあまあ」問題が多いというのは、一番危ないパターンです。

そこで、この時期に、「まあまあ」をいかに「100%」にするかという事が重要です。

そこで、そういった中学入試の算数で困っている人を助ける塾、 「(株)Zealエデュケーショナル『おたすけ!算数マン!』」をご紹介します。

 

この塾の良いところは、わからないところだけをすぐ聞けるというところです。 どんな中学入試算数の難問にも答えられる、スゴイ先生がいるというのです。

また、中学入試算数の問題は難問が多いのです。 先生が解けても生徒がスラスラ解けるように指導するためにはなかなか大変です。 生徒は単に解けるだけではなく、いかに正確に速く解くかという事が重要なのです。

これは、受験という事を考えれば当然ではありますが、 「合格力」が必要なのです。

この「おたすけ算数マン」のイベント「入試対策特訓指導」が、 今月は、12月23日(月・祝)に行われるそうです。 塾外生は、8時間で受講料が26000円との事です。